Mind 

私たちが大切にしている言葉

​​

  • 食材のアンカー

  • 味覚はハートのすぐそばにある

  • 凡事徹底

  • 人づくりから、皆が幸せになる

  • 「いただきます」と「ご馳走さまでした」

 私たちが大切にしている言葉があります。

 

 

 食材のアンカー

 私たちは「食べることは農業に参入すること」と捉えています。生産者の方々がこだわりをもって育てあげた作物。安心で質の高い料理をお店として提供し続けられるためにも、そうした仕事が持続可能なものでなくてはいけません。その思いから、私たちは生産者の方々とのコミュニケーションをとても大切にしています。生産から料理、それを食べに来てくれる人。こうした食の大きな循環の、より良いアンカーでありたいと考えています。

 私たちが飲食業をやる意味は何か? 誰のために働きたいのか? 私たちは「地産地消」という商売をしているわけではありません。買うことは選挙の一票のようなもので、買うことで何が起きるのかを想像しています。知っている人たち、目の前で頑張っている人たち、地元の産業。こうした身近な人の身近な仕事に一票を投ずることで、もしかすると今より環境もよくなり、その人たちの仕事も持続可能になるのではないでしょうか。
 多くの農家さんに、自分の仕事を「子どもには継がせたくない」と言わせてしまう、そんな現状が今の日本にはあります。目の前に素晴らしい野菜を作っている農家さんがいるのに、海外から輸入した顔の見えない生産者の食材を購入する。そうした流通のあり方が普通になってしまうと、自分たちの知らない人たちが潤う一方で、自分たちの知っている人たちが廃業の危機に立つことになります。
 もちろん色々な正解があって一概には言えません。でも、こうした状況を想像することで、食を通して地域や人の未来を創造することもできるはず。ここに意味があり価値があるのではないか、と思っています。

 味覚はハートのすぐそばにある

「美味しい」とは、料理そのものだけでなく、そこに込められた想い、食べる状況やサービスなどすべてを包括したものです。どんなにおいしい料理でも、何か不快なことや極度の緊張などがあれば、味さえわからなくなってしまうかもしれない。まずは奇をてらったパフォーマンスなどとは対極にある要素に徹し、お客様に一切の不満を取り除いた状態で食事をしてもらうという、提供する側の思いやりを大切にしています。人を幸せにする味は、調理法や味付けだけではなく、食材選びからサービス、空間、こうしたすべてのものから出来上がると考え、日々頑張っています!

 凡事徹底

 なんでもないような当たり前のことを徹底的に行うこと。クレンリネスや挨拶、自店の商品知識、スムーズなご案内、料理提供のペース、お酒を呑まれている方への和らぎ水の提供などなど、こうした当たり前のことを極め、他の追随を許さないところまで徹底的に行います。

 人づくりから、皆が幸せになる

 お店づくりやいい商品の提供は、まず人づくりがベースにあります。キーワードは「感受性」。ごはんクリエイトには、スタッフ用のサービスマニュアルがありません。お客様の様子から、その日の天気まで、複雑に変化する目の前の状況に対応していくのが基本です。

 そこで大切なのが感受性です。マニュアルがないことで、スタッフには常に考えることが求められます。その日常こそが、人づくりにつながると考えています。

「この人は何を求めているのか?」と、相手のことをいつも考えていると、相手も自分のことを考えてくれるようになります。同時に、相手の幸せを考えると、相手も自分の幸せを考えてくれるようになります。だから、自分の幸せは考えなくていい。

 お客様はもちろん、スタッフ、生産者。相手の幸せを考えて行動すれば、それは自分も含め、皆を幸せにする行動なのだとわたしたちは考えています。

「いただきます」と「ご馳走さまでした」

 私たちは、賄いなど食事の時、「いただきます」や「ご馳走さまでした」と言うことをとても大切にしています。
「いただきます」の意味は、あなたの命を私の命に変えさせて頂きます、ということ。私たち生き物はすべて、人間も含め、他の生命を取り込んで自らの生命を維持しています。その事実への感謝を忘れてはいけないと思っています。
「ご馳走様でした」の意味は、生産者や運ぶ人、料理人、沢山の人たちの仕事を経てできた一皿に対する感謝の気持ちで
す。

 こうしたことを大切にしていると、食べるということがお腹を満たすだけではなく、心も豊かにしてくれます。

 食は人を育てる場です。挨拶や感謝の念を学ぶことができ、また、上座や下座、お父さんの席、お母さんの席、食事の作法、箸や茶碗の持ち方なども学ぶことができます。
 最近では当たり前のように、食事を「いらない」「食べない」「コンビニで買って食べる」と言う子どもたちがいます。お母さんが想いを込めて作った料理や、地元の新鮮な食材を使った料理はやっぱり美味しいし、子どもたちも食べます。
 価格が安い・高いの物差しだけで作った料理では、「安いから粗末にしてもいい」という発想を生んでしまいます。これは本当に悲しいことです。ここに、問題意識を持つ必要があるとわたしたちは考えています。

Concept

コンセプト

「食」について考え、創造する集団。

「ごはんクリエイト」という社名には、わたしたちが向かおうとしている方向性、その想いなどが込められています。
​ 一言でいうと、「食」について考え、創造する集団。
 飲食店として食事を提供することだけにとどまらず、常に「食」のあり方を考える集団でありたい。そんなふうにわたしたちは考えています。
 いったい、「美味しい」ということはどういうことなのだろうか?
 そこには料理の技術だけではなく、生産者の話、料理提供のサービス、さまざまなことが関係しています。こうした「食」に関するあらゆることを包括的に考え、突き詰めていくことにわたしたちは価値の基準を置いています。
 そしてまた、相手の求めていることを常に考え行動することで、皆が幸せになっていく。「100店舗達成!」なんていう目標よりも、皆が幸せになるかどうかが、もう1つの、わたしたちが根っこに据えている視点です。
 もしこうした考えを突き詰めていったとき、その結果として遠い将来、わたしたちが飲食店の経営から退く必要も出てくることだってあるのかもしれません。それが必要なことなのだとしたら、それも構わないと考えています。
 飲食店経営という枠組みにとどまらず、「食」のあり方を包括的に追求する。それが「ごはんクリエイト」のコンセプトです。

 
 

株式会社 ごはんクリエイト

〒292-0805

千葉県木更津市大和1-8-3

TEL: 0438-53-7171

© 2018 ごはんクリエイト

logo02.png