2019.06|君津地方家庭科基礎実技研修にて

6月13日、君津地方家庭科基礎実技研修において家庭科の先生や学校給食の栄養士さん向けに家庭科調理実習の講師をしました。テーマは【挽肉】。献立は「木更津の恵みポークのハンバーグ 耕すの平飼い卵の目玉焼き乗せ」「引藤さんのグレープトマトを使った地野菜のラタトゥイユ」「有原さんのトウモロコシのスープ」です。当日使用した材料は全て地元生産者の顔のわかる近所の野菜やお肉です。そんな食材の紹介や食のリレーのお話もさせていただきました。

2019.02|飲食店経営戦力セミナーで基調講演

2月13日は水戸、21日は千葉と、ぐるなびの開催する飲食店経営戦力セミナーにおいて2回にわたって、代表野口が基調講演をさせていただきました。なぜ飲食店を開業したのか。地元木更津市や千葉県に対して「私たちごはんクリエイト」とは、どんな集団なのか。生産者がいなければ飲食店は成立しない、その生産の現場で何が起きているのか。店舗展開ではなく、思想や魂を拡げていくためにあらゆる情報をみんなで共有し、悩みながら進めていく。そんな話をさせていただきました。

2019.02|木更津を「橘(タチバナ)」の聖地に 伝説生かし食のまちづくり

2019.2.22の千葉日報にて、木更津市の「食」のまちづくり、橘プロジェクトの試食会の様子を取り上げていただきました。弟橘媛(おとたちばなひめ)の伝説が残る木更津市で、日本固有の果樹「タチバナ」を生かしたまちづくりをしようというプロジェクト。ごはんクリエイトでは11種類のメニューを提供させていただきました。

2019.01|房総ジビエコンテストで千葉県農林水産部長賞受賞

全国の料理人が参加した房総ジビエコンテストにて、代表野口利一が「君津産イノシシと木更津産ブルーベリーの煮込み(写真)」で2位の千葉県農林水産部長賞をいただきました。そして「ごくりっ」店長の熊谷祐哉も【ほろほろ煮込んだ君津産の鹿のケークサレ】で3位入賞。その様子は26日の日経新聞や農業新聞などの紙面に取り上げられました。

2019.01|「周年記念」活用の“実験営業”

ライター印束義則さんによる雑誌連載「気づきライターインヅカの細かすぎる集客の視点」に、ブッフルージュがオープン3周年記念して期間限定開催した「フレンチ焼鳥」の特別営業がフォーカスされました(近代食堂2019年1月号掲載)。「こんなお店があったらうれしいよね!」をテーマに、わずか4日間のために新しいフードメニューを考案して特別営業する、その理由に迫っています。

2018.11|スチコン活用の新経営スタイル

ブッフルージュではスチームコンベクションオーブン(スチコン)をどう使い、どう店舗運営に繋げているかか? そんな店舗運営の裏側にフォーカスした記事が近代食堂2018年11月号に掲載されました。

2018.10|いま強い店は、こう作る

近代食堂2018年10月号に「ローカルの可能性を切り開く!」という見出しのもと、ごはんクリエイトが運営する2店舗のお店づくりにフォーカスした記事が掲載されました。お客様の「利用動機への配慮」という視点で書き起こしていただいています。

2018.10|トップに学ぶ、いま強い店を作る秘訣

同じく近代食堂2018年10月号に、代表野口へのインタビュー記事が掲載されました。「自社だけで店舗展開するより、いろんな人と連携することで食の現場を活性化させたい」という見出しのもと、ごはんクリエイトの考え方をまとめていただいています

2018.07|食に携わるものが担うべきオーガニックという責任

ブッフルージュを舞台に、オーガニックと向き合うレストラン関係者や生産者たちとの座談会が、料理王国2018年8月号に記事掲載されました。「オーガニックなまちづくり」に取り組む木更津市とともに、弊社の生産者への思いなども採録されています。

2018.03|ごはんクリエイトの新店舗開発手法を大解剖

「ごくりっ」5周年記念イベントして開催した大衆居酒屋「ちびりっ」、その裏側の意図について日本外食新聞さんにフォーカスされました。5日間限定の「新店舗」実験としてのイベントを分析解説していただいています。

2017.08|木更津で胎動する食文化と職人の未来・後篇—ブッフルージュ野口さんに訊く

koboku通信さんの取材。後編では、地元生産者との関係性から生まれる飲食店の価値、これからの眼差しなどを、お話しさせていただいています。最後にブッフルージュの料理も紹介していただきました。

2017.08|木更津で胎動する食文化と職人の未来・前篇—ブッフルージュ野口さんに訊く

koboku通信さんの取材を受けました。ファストチェーン化などで職人技術が流浪化していく飲食業において、わたしたちが何を思い、何を実践しているのか。「ごくりっ」を立ち上げた理由などを、お話しさせていただきました。

2017.07|旬の産地ごはん とうもろこしレシピ

テレビ朝日の「相葉マナブ」に出演させていただきました。洋食の達人という立ち位置で、木更津の農家さんの渡辺さんががつくった絶品トウモロコシを使い、コーンクリームコロッケなど3品を紹介。出演者の方と一緒に料理しました。主婦の方でも簡単に美味しく作れるレシピを提案させていただきました。

2017.06|現代版「キッチン」の尖った業態

飲食ライター、印束義則さんによる「繁盛店実況中継」として、全3回にわたり「ブッフルージュ」の取り組みが日本外食新聞さんに掲載されました。千葉県産食材で地元の強みを発揮していることなどが解説されています。

2016.01|特集「人口が少なくても強い店」

日経レストランさんの特集記事にて、「日本酒とワインの二枚看板で接待需要の受け皿になる」と題し、居酒屋「ごくりっ」がフォーカスされました。お酒に合わせて料理の味付けも変える「細かい気配り」などにフォーカスしていただいてます。

2014.10|ローカル実力店の強さの秘訣

近代食堂さんに、居酒屋「ごくりっ」について取り上げていただきました。物件探しからメニュー構成、木更津という街を選んだことなど、店舗経営ノウハウの舞台裏にフォーカスしていただいています。

Please reload

logo02.png