Media  Coverage

メディア掲載/活動実績

ごはんクリエイトの考え方、わたしたちが取り組んでいることなどを紹介していただきました。

2021.09.06

unnamed.jpg

NHK総合「ひるまえほっと」で紹介

NHK総合さんの地域情報番組「ひるまえほっと」にて、規格外の地域食材を使った防災食への取り組みを取り上げていただきました。

2021.05.23

IMG_3351.jpg

毎日新聞「ひと ちば」欄で紹介

毎日新聞さんの「ひと ちば」欄にて、ごはんクリエイト代表の野口利一の取材記事が掲載されました。「生産者の思いを「味」に」と題し、オーガニック認証取得を通じ、地域食材を生かすメニューを作り、輸入食材にはない価値を提供していくことなどを紹介していただきました。

2021.06.05

IMG_3352.jpg

日本外食新聞「外食産業を動かす人々」

「外食産業を動かす人々」「行政や企業巻き込み循環経済実現を」と題し、「日本外食新聞」さんにて、代表の野口利一について、3ページにわたり取材紹介いただきました。「行政や企業巻き込み循環経済実現を」と題し、鳥居崎公園での循環経済の取り組みを取り上げていただいています。

2021.04.27

IMG_3350.jpg

朝日新聞「災害時 レストランの料理提供」

朝日新聞さんにて、食に対するごはんクリエイトの取り組みについての記事が掲載されました。千葉県内の飲食店で初となる「オーガニックJAS」認定を「ブッフルージュ」と「ごくりっ」が受けたことをはじめ、大規模災害時に料理を被災者に提供する仕組みづくりや、これまで規格外などで廃棄されてきた農作物も活用して食品ロスを解消する取り組みなどについて紹介いただいています。

2021.04

IMG_3349.jpg

特集「本気のテイクアウト90品」

「近代食堂」さんにて、飲食店の売れているテイクアウトメニューの「商品力」にフォーカスした特集記事に掲載されました。ボリュームたっぷりのオードブル感覚のサラダなどの紹介や、PRの工夫、ロスを軽減するアイデアなどを解説いただいています。

2021.04.08

IMG_3367.jpg

木更津市と災害時における食糧調達に関する協定締結

地域食材を活用した防災食の協定を木更津市と締結しました。フードロスで廃棄にさらされる地域の食材を、料理として有効活用します。それでも残るものは備蓄し、ローリングストックしていく仕組みです。地域食材を使用した防災食のローリングストックは、世界的にもほとんど前例のない取り組み。

2021.04.03

IMG_3366.jpg

道の駅「遠野 風の丘」がリニューアルオープン

岩手県遠野市にある道の駅「遠野 風の丘」がリニューアルし、私たちごはんクリエイトがプロデュースするフードコートも無事オープンしました。ごはんクリエイトは直営店のフード、ドリンクのメニュー開発のほか、コンセプト設計、スタッフトレーニングまで担当させていただきました。フード、ドリンクのメニューは地元遠野産にこだわり設計しています。

2021.03

IMG_3365.jpg

千葉県初オーガニックレストランJAS認証取得

千葉県内の飲食店として初となるオーガニックレストランJAS認証を、「ごくりっ」「ブッフルージュ」の両店舗で取得しました。世界基準でもある有機JASの《オーガニックレストラン認証》を取得できたことは、生産者さんから届いた価値あるものを、確かな技術とマネージメントによってお客様へ提供していく、そんな飲食店としての日々の取り組みを認めていただいたこと。オーガニック食材の料理や飲料については生産者や業者さんとともに今後順次取り扱いを増やしていこうと思っています!

2021.01

IMG_3347.jpg

逆襲の飲食店~コロナに負けない! 繁盛店の売上・利益挽回策〜

コロナ禍の中、ごはんクリエイトがどう挽回策を展開してきたか、「近代食堂」さんで特集記事が組まれました。コロナ禍での営業スタイルとしてビアガーデンに挑戦したり、ごくりでの特別営業天ぷらランチ、外部の人も交えた研修、ゆりの里でのお弁当販売など、テイクアウト以外でも何ができるかを紹介いただいています。

2020.12.15

IMG_3342.jpg

「第7回"細すぎる"インヅカナイト詳報②」

同じくブッフルージュで開かれたインヅカナイト詳細ルポ、今回はその第2弾が「日本外食新聞」さんに掲載されました。
いつもはしない日本酒の宣伝をPOPでしてみたり、あえてお客様に選んでもらうメニューを作り、お客様との距離を縮めたり、そんなポイントを記事にまとめ紹介されています。

2020.12.05

IMG_3340.jpg

「第7回"細すぎる"インヅカナイト詳報①」

昨年に続き、11月5日、6日と2日間にわたってブッフルージュで開かれたインヅカナイト。なかなか気づかない飲食店運営のポイントなどを、ライターの印束さんが分析して紹介するイベント。そのイベントの詳細ルポ、第1弾が「日本外食新聞」さんに掲載されました。POPを使った宣伝や、お客様へ心を近づけて会話を産む方法など、気づいて貰えるものはなにか? 着眼点を記事にまとめ紹介されています。

2020.10.22

IMG_3364.jpg

テレビ朝日「グッド!モーニング」

日本テレビさんに続き、テレビ朝日さんの朝の情報番組「グッド!モーニング」においても、木更津市近海の害獣であるクロダイを有効活用した料理を開発し、食べることで漁業支援につなげていくという私たちの活動を取り上げていただきました。

2020.10.13

IMG_3363.jpg

日本テレビ「news every.」

日本テレビさんのニュース番組「news every.」において、ごはんクリエイトの「食べることによる漁業支援活動」を取り上げていただきました。木更津市近海で漁業に害をもたらしているクロダイを、有効活用して料理として開発。食べることで漁業支援につなげていくという活動です。

2020.10.13

IMG_3362.jpg

テレビ東京「昼めし旅」

テレビ東京さんの「昼めし旅」において、地元木更津のクロダイやカマス、イボキサゴを使用したまかない風景を取り上げていただきました。

2020.07

IMG_3358.jpg

朝日出版「評判レストランの最新スチコン調理技術」

朝日出版さんより出版された表題の本にて、「ごくりっ」と「ブッフルージュ」でのスチコンを活用したメニューレシピが6ページにわたって紹介されました。

2020.06

IMG_3332.jpg

ここまで気を配る!小さな工夫の集大成

同じく「飲食店経営」さんでの連載企画「気づきライターインヅカの細かすぎる集客の視点」において、「ごくりっ」の中にある小さな気配りや工夫を取り上げて頂きました。卓上に重ねた状態でセットされた取り皿、その一番上にカバーをかけて「ほこり」に対するお客様の不安を取り除いたりといった、見落とされがちな気配りにもフォーカスしていただきました。

2020.04

IMG_3328.jpg

「ごくりっな酒処 ぶぶ」の紹介

ライター印束義則さんによる、雑誌「飲食店経営」さんでの連載企画「気づきライターインヅカの細かすぎる集客の視点」。その誌面において、2020年2月に開いた「ごくりっ」の周年イベント「ごくりっな酒処 ぶぶ」について取り上げて頂きました。女性スタッフのみで開催した7日間限定の実験営業で、周年イベントなどを利用した業態づくりなどについても細かく解説されています。

2020.03.28

IMG_3361.jpg

台風15号から復興への取り組み

NHK総合「おはよう日本」にて、2019年の9月に房総半島を襲った、台風15号からの復興に向けての取り組み「復興×エールプロジェクト」について取り上げていただきました。

2020.03

IMG_3322.jpg

守りの求人ではなく、攻めの求人。

ごはんクリエイトの人材育成について、「近代食堂」 さんが特集を組み紹介していただきました。求人の工夫から、研修を通しての経験をどう作っていくか、人材育成についての考え方など。これまで行ってきたごはんクリエイトの研修や視察も一覧にして掲載していただきました。

2020.02.08

IMG_3355.jpg

ジビエを使用した一皿への想い

千葉テレビさんの「ウィークリーちば」にて、「房総ジビエフェア」についてや、猟師工房さんの取り組み、ジビエを使用した一皿に私たちが込めた想いなどをお話しさせていただき、放映していただきました。

2020.01

IMG_3360.jpg

君津市狩猟ビジネス学校で講師を務めました

君津市の狩猟ビジネス学校にて、ごはんクリエイト代表の野口が講師を担当しました。ジビエを使用した飲食店の開業のノウハウや、ジビエ料理を提供するための必要知識や調理方法などをお話ししました。

2020.01/25

IMG_3339.jpg

「第6回"細すぎる"インヅカナイト詳報 最終回」

ブッフルージュで開かれたインヅカナイトの詳細ルポ、その最終回が「日本外食新聞」さんに掲載されました。「工夫と発想」に注目し、ネーミングや盛り付け、ドリンクなど工夫の着眼点や発想法などを記事にまとめ紹介されています。

2020.01/15

IMG_3338.jpg

「第6回"細すぎる"インヅカナイト詳報④」

同じくブッフルージュで開かれたインヅカナイト詳細ルポ、今回はその第4弾が「日本外食新聞」さんに掲載されました。印束氏考案のメニューを実際に私たちが調理し、それを参加者が食べながら交流を深めるという体験型セミナー。残った煮汁の活用法や、ジビエを使った治部煮のアレンジ、お客様が口に出さないところにある売れるヒントなどを解説した記事となっています。

2020.01/01

IMG_3336.jpg

「第6回"細すぎる"インヅカナイト詳報③」

2019年10月にブッフルージュで開催された、ライター印束義則さんによるセミナー「〝細かすぎる〟インヅカナイト」詳報の第3弾が、第3弾が「日本外食新聞」さんに掲載されました。「実演型総合気づきセミナーを徹底解説」と題し、文字にして訴求し、確実に伝達することの重要性と、それを徹底することや、飲み放題メニューなどの改善点などを紹介した記事となっています。

2019.12/15

IMG_3320.jpg

「第6回"細すぎる"インヅカナイト詳報②」

同じく「インヅカナイト」の詳細ルポ、今回はその第2弾が「日本外食新聞」さんに掲載されました。お客様目線の接客、店内装飾の工夫から、お客様との会話のきっかけの作り方など、そのポイントや分析が細かく紹介されています。

2019.12/05

IMG_3318.jpg

「第6回"細すぎる"インヅカナイト詳報①」

ブッフルージュで開催された「インヅカナイト」の詳細ルポ、その第一弾が12月5日付の「日本外食新聞」さんに掲載されました。「インヅカナイト」は、飲食店の日頃の取り組みを掘り下げ、集客に繋げるための工夫をライターの印束さんが発表する会で、毎回、多くの飲食業関係者さんが参加しています。会場となった私たちブッフルージュのスタッフも印束さんのさまざまな演出をお手伝いしました。

2020.01

img-top.jpg

「地域における起業を語る」千葉大学の講義でお話ししました。

「地域における起業を語る」というテーマで開かれた千葉大学の講義で、ごはんクリエイトの野口が学生たちを前にお話ししてきました。18歳で料理人の世界に入り、この20年で見てきたこと、考えてきたこと。社会課題に対する取り組みや人とどう向き合うかなど、「働く」ことの大切な根っこについてお話し、最後は起業を目指す学生たちと対話させていただきました。講義内容の全文記事をこちらで公開しています。

2019.11.18

DSC_6700.jpg

食のイベント「シェフたちの休日」を開催

千葉県八千代市でワイン用ぶどうを生産している「山本ぶどう園」さんのぶどう畑で、食のイベント「シェフたちの休日」を開催しました。台風15号でぶどう園さんも私たちレストランも大きな被害を受けたばかりでしたが、こんなときこそと、地元の生産者さんやレストラン仲間を呼んで、人を繋ぎ千葉の食を盛り上げたい。そんな気持ちで、千葉の食材で作ったおいしい料理を、山本さんのブドウから醸造されたワインとともに楽しぶイベントをごはんクリエイトが企画、主催しました。当日の模様はkoboku通信さんに掲載されました。

2019.06

S__2531364.jpg

君津地方家庭科基礎実技研修にて

6月13日、君津地方家庭科基礎実技研修において家庭科の先生や学校給食の栄養士さん向けに家庭科調理実習の講師をしました。テーマは【挽肉】。献立は「木更津の恵みポークのハンバーグ 耕すの平飼い卵の目玉焼き乗せ」「引藤さんのグレープトマトを使った地野菜のラタトゥイユ」「有原さんのトウモロコシのスープ」です。当日使用した材料は全て地元生産者の顔のわかる近所の野菜やお肉です。そんな食材の紹介や食のリレーのお話もさせていただきました。

2019.02

07.jpg

飲食店経営戦力セミナーで基調講演

2月13日は水戸、21日は千葉と、ぐるなびの開催する飲食店経営戦力セミナーにおいて2回にわたって、代表野口が基調講演をさせていただきました。なぜ飲食店を開業したのか。地元木更津市や千葉県に対して「私たちごはんクリエイト」とは、どんな集団なのか。生産者がいなければ飲食店は成立しない、その生産の現場で何が起きているのか。店舗展開ではなく、思想や魂を拡げていくためにあらゆる情報をみんなで共有し、悩みながら進めていく。そんな話をさせていただきました。

2019.02

09.png

木更津を「橘(タチバナ)」の聖地に 伝説生かし食のまちづくり

2019.2.22の千葉日報にて、木更津市の「食」のまちづくり、橘プロジェクトの試食会の様子を取り上げていただきました。弟橘媛(おとたちばなひめ)の伝説が残る木更津市で、日本固有の果樹「タチバナ」を生かしたまちづくりをしようというプロジェクト。ごはんクリエイトでは11種類のメニューを提供させていただきました。

2019.01

10.jpg

房総ジビエコンテストで千葉県農林水産部長賞受賞

全国の料理人が参加した房総ジビエコンテストにて、代表野口利一が「君津産イノシシと木更津産ブルーベリーの煮込み(写真)」で2位の千葉県農林水産部長賞をいただきました。そして「ごくりっ」店長の熊谷祐哉も【ほろほろ煮込んだ君津産の鹿のケークサレ】で3位入賞。その様子は26日の日経新聞や農業新聞などの紙面に取り上げられました。

2019.01

05.jpg

「周年記念」活用の“実験営業”

ライター印束義則さんによる雑誌連載「気づきライターインヅカの細かすぎる集客の視点」に、ブッフルージュがオープン3周年記念して期間限定開催した「フレンチ焼鳥」の特別営業がフォーカスされました(近代食堂2019年1月号掲載)。「こんなお店があったらうれしいよね!」をテーマに、わずか4日間のために新しいフードメニューを考案して特別営業する、その理由に迫っています。

2018.11

04.jpg

スチコン活用の新経営スタイル

ブッフルージュではスチームコンベクションオーブン(スチコン)をどう使い、どう店舗運営に繋げているかか? そんな店舗運営の裏側にフォーカスした記事が近代食堂2018年11月号に掲載されました。

2018.10

02.jpg

いま強い店は、こう作る

近代食堂2018年10月号に「ローカルの可能性を切り開く!」という見出しのもと、ごはんクリエイトが運営する2店舗のお店づくりにフォーカスした記事が掲載されました。お客様の「利用動機への配慮」という視点で書き起こしていただいています。

2018.10

01.jpg

トップに学ぶ、いま強い店を作る秘訣

同じく近代食堂2018年10月号に、代表野口へのインタビュー記事が掲載されました。「自社だけで店舗展開するより、いろんな人と連携することで食の現場を活性化させたい」という見出しのもと、ごはんクリエイトの考え方をまとめていただいています。

2018.07

S__5898267.jpg

食に携わるものが担うべきオーガニックという責任

ブッフルージュを舞台に、オーガニックと向き合うレストラン関係者や生産者たちとの座談会が、料理王国2018年8月号に記事掲載されました。「オーガニックなまちづくり」に取り組む木更津市とともに、弊社の生産者への思いなども採録されています。

2018.03

1803_日本外食新聞01.jpg

ごはんクリエイトの新店舗開発手法を大解剖

「ごくりっ」5周年記念イベントして開催した大衆居酒屋「ちびりっ」、その裏側の意図について日本外食新聞さんにフォーカスされました。5日間限定の「新店舗」実験としてのイベントを分析解説していただいています。

2017.08

DSC_6283.JPG

木更津で胎動する食文化と職人の未来・後篇—ブッフルージュ野口さんに訊く

koboku通信さんの取材。後編では、地元生産者との関係性から生まれる飲食店の価値、これからの眼差しなどを、お話しさせていただいています。最後にブッフルージュの料理も紹介していただきました。

2017.08

DSC_6218.JPG

木更津で胎動する食文化と職人の未来・前篇—ブッフルージュ野口さんに訊く

koboku通信さんの取材を受けました。ファストチェーン化などで職人技術が流浪化していく飲食業において、わたしたちが何を思い、何を実践しているのか。「ごくりっ」を立ち上げた理由などを、お話しさせていただきました。

2017.07

S__5906473.jpg

旬の産地ごはん とうもろこしレシピ

テレビ朝日の「相葉マナブ」に出演させていただきました。洋食の達人という立ち位置で、木更津の農家さんの渡辺さんががつくった絶品トウモロコシを使い、コーンクリームコロッケなど3品を紹介。出演者の方と一緒に料理しました。主婦の方でも簡単に美味しく作れるレシピを提案させていただきました。

2017.06

1706_外食新聞01.jpg

現代版「キッチン」の尖った業態

飲食ライター、印束義則さんによる「繁盛店実況中継」として、全3回にわたり「ブッフルージュ」の取り組みが日本外食新聞さんに掲載されました。千葉県産食材で地元の強みを発揮していることなどが解説されています。

2016.01

1601_日経レストラン01.jpg

特集「人口が少なくても強い店」

日経レストランさんの特集記事にて、「日本酒とワインの二枚看板で接待需要の受け皿になる」と題し、居酒屋「ごくりっ」がフォーカスされました。お酒に合わせて料理の味付けも変える「細かい気配り」などにフォーカスしていただいてます。

2014.10

1410_近代食堂01.jpg

ローカル実力店の強さの秘訣

近代食堂さんに、居酒屋「ごくりっ」について取り上げていただきました。物件探しからメニュー構成、木更津という街を選んだことなど、店舗経営ノウハウの舞台裏にフォーカスしていただいています。